83社を徹底調査!求人広告代理店を探すなら【Qジェネ】 » 人事・採用担当者必見 中途採用の課題解決コラム

人事・採用担当者必見 中途採用の課題解決コラム

ここでは、実際のアンケートを参考に、多くの中途採用担当者が抱えている「採用課題」をご紹介しています。また、各採用課題を解消するための有効な対策なども解説しているので、同じく採用課題を抱えている中途採用の担当者はぜひ参考にしてみてください。

中途採用の担当者が抱える課題とは?

母集団の数が少ない・質が悪い

採用活動における「母集団」とは、採用候補者の集団のことを言います。
この、自社の採用候補者の集団が「少ない」「質が悪い」と感じている採用担当者が多いということです。
母集団の数が足りていない、あるいは質が良くなければ、その中から優秀な人材を獲得することも難易度が高まるでしょう。

自社の認知度が足りていない

転職希望者からの認知度が足りていないと感じている人事担当者も多いようです。
認知度が低ければ、転職希望者の転職先候補にも入りにくいと言えるでしょう。
より多くの転職希望者に自社を検討してもらうためにも、認知度を上げる必要があります。

採用担当者の人手が足りない

採用担当者の人手不足に悩んでいる企業も少なくありません。
採用活動に十分な人手をかけられないことで“採用の質が下がっている”ことも大いに考えられるため、解決策が必要です。

計画通りに進まない

「採用活動がなかなか計画どおりに進まない」という悩みを抱えている採用担当者も多くいます。
これは、上の項目で紹介した採用担当者の人手不足や、採用適任者の不在などが原因となっていることが考えられます。 知識やノウハウがなく、人手も足りない状態で採用活動を行うとなると、やはり計画どおりに進まないことも多いでしょう。

内定辞退者や早期退職者が多い

「内定したものの辞退されてしまう」「入社してもすぐに辞められてしまう」といった悩みを抱えている人事担当者も少なくありません。
内定辞退が起こる原因としては、条件のミスマッチや家族からの反対、選考中・内定後に悪い印象を与えていた、といったことが挙げられます。 また早期退職の要因としては、社風との不一致や残業問題、入社後の受け入れ態勢不足などが挙げられるでしょう。それぞれに、対策が必要となります。

見極めができない

応募自体は集まるものの、「自社にマッチした人材を採れなかった」など選考段階での課題を抱えている採用担当者も多いようです。
いくら応募がたくさんあっても、その中から自社に合う優秀な人材を見極める“目”がなければ、採用活動は成功しないでしょう。
自社の即戦力となり長期的にも活躍してくれる人材を獲得するために、採用担当者の目を養うことが重要です。

こうした多くの企業が抱えている中途採用の課題を踏まえて、当カテゴリーでは、いくつかの課題の解消策をまとめました。ぜひ、以下でご確認ください。

採用課題を解決する方法は?トレンドの採用手法も紹介!

2021年の採用方法のトレンド

2021年の採用トレンドとして、近年とくに注目されている新しい採用手法をピックアップしました。
「ダイレクトリクルーティング」「リファラㇽ採用」「ソーシャルリクルーティング」「採用ミートアップ」の4つを取り上げて解説しているので、ぜひ今後の採用手法の検討材料にしてください。

2021年の採用方法のトレンド

中途採用・チャネルごとに狙える層と必要な手法

中途採用の採用チャネルにはさまざまなものがあり、それぞれ特徴やメリット・デメリットが異なります。
そこで、「求人広告(Web媒体)」「求人広告(紙媒体)」「オウンドメディア」「人材紹介」「ダイレクトスカウト」「リファラル採用」「SNS(ソーシャルリクルーティング)」という主な採用チャネル別に、それぞれの特徴などをまとめました。

中途採用・チャネルごとに狙える層と必要な手法

欲しい人材が応募してこないときはどうする?

「応募自体はあるけれど、自社が求める人材がなかなか応募してこない」という課題を抱えている採用担当者に向けて、その解決に有効な策をご紹介しています。

欲しい人材が応募してこないときはどうする?

応募数を増やしたいときはどうする?

「そもそも応募がなかなか集まらない」「応募数をもっと増やしたい」といった課題を抱えている採用担当者に向けて、解決策をご提案しています。応募が集まらない原因として考えられるものも挙げているので、ぜひ参考にしてください。

応募数を増やしたいときはどうする?

中途採用した人材がすぐに辞めてしまう場合

「採用には至っても、すぐに辞めてしまう…」という課題を抱えている採用担当者に向けて、なぜ早期退職が起こってしまうのか、考えられる原因を解説。
そのうえで、早期退職されてしまうのを防ぐために知っておきたいポイントをまとめました。

中途採用した人材がすぐに辞めてしまう場合

採用担当の人出が足りないときの対処法

さまざまな採用課題を生む原因となる、「採用担当者の人手不足」。この課題に悩んでいる採用担当者に向けて、おすすめの解決策をご紹介しています。

採用担当の人出が足りないときの対処法

採用担当の見る目を養うには

自社にマッチした優秀な人材を獲得するために欠かせない、採用担当者の“見る目”。
こちらのページでは、採用担当者の見る目を養うためのおすすめの方法をご紹介しています。

採用担当の見る目を養うには

       
中途採用の課題別
おすすめ
求人広告代理店まとめ

当サイト「Qジェネ」が掲載している求人広告代理店83社の中から、採用の3大課題である「応募はあるものの…理想の人材が来ない」「選ぶ以前の問題…応募がない」「入社後の課題…求人広告で採用した人材がすぐ辞める」、それぞれにリーチできる企業はどこなのか、分析・調査し、各1社を選定しました。

応募はあるものの...

欲しい人材が
集まらないなら…

リソースクリエイション

引用元:リソースクリエイション https://rc-group.co.jp

リソースクリエイション
  • 自社内に制作専門部隊を持つ
  • 18の媒体の中から効果的にリーチ
  • 自社の中途採用応募を20倍にしたSNS運用
取扱い媒体
  • マイナビ転職
  • doda
  • type
  • 女の転職
  • イーキャリア
  • Re就活
  • PROSEEK
  • バイトルNEXT
  • ジョブクル転職
  • 日経転職版

他全18媒体

                   

選ぶ以前の問題

応募がない企業は...

インターギアソリューション

引用元:インターギアソリューション https://www.ig-s.co.jp/

インターギア
ソリューション
  • 1083社を掲載する出稿量に裏付けされた経験値
  • ユニークな事例で隠れたニーズにアプローチ
  • 媒体への貢献度に比例した価格設定
取扱い媒体
  • マイナビ転職
  • doda
  • type
  • リクナビNEXT
  • イーキャリア
  • Re就活

全6媒体

入社後の課題...

求人広告で採用した
人材がすぐ辞める...

ネオキャリア

引用元:ネオキャリア https://www.neo-career.co.jp/

ネオキャリア
  • 選考時に使える適正ツール
  • 過去10,000社以上の実績
  • 研修やツールなどの100を超えるサービス展開
取扱い媒体
  • マイナビ転職
  • エン転職
  • LINEキャリア
  • type(タイプ)
  • 女の転職
  • doda(デューダ)
  • Re就活
  • 転職ナビ
  • CareerCross(キャリアクロス)

全8媒体

課題1である「応募はあるものの理想の人材が来ない」に対しては、① 自社の強みを求職者にアピールできるクリエイティブ力、②理想の人材が見ている 求人媒体にリーチできる「取り扱い媒体数」、③理想の人材が求人広告だけでは 集まらないかもしれない時代に対し、ソーシャルリクルーティングの強さという観点で選出をしています。

課題2である「選ぶ以前の問題応募がない」に対しては、①多くの求人広告に埋もれないよう、その業界に対する知見や経験を持っているか、②今の求職者のニーズを突いた広告を展開できるか、③掲載する広告がそもそも見られていない可能性があるので、最上位企画の確保などに対し、特別価格の提示があるかどうかという観点で選出をしています。

課題3である「入社後の課題…求人広告で採用した人材がすぐ辞める」に対しては、①採用担当者の人の目だけで選ぶことは限界かもしれないと考え、AIによる適性ツールなどを扱っているか、②業界の実状とギャップがある広告になっている可能性を考え、業界を知り尽くす俯瞰の目を持っているか、③人が辞めていくという課題に対して、多様な課題にアプローチできる豊富な手段を持つかどうかという観点で選出をしています。

各選出の詳細については、こちらのページにも記載していますので、ご覧ください。