キャリオクの広告代理店比較

目 次

引用元:公式HP
https://kyarioku.jp/

キャリオクの特徴

オークション方式を採用した求人サイト

キャリオクでは、ほかの求人サイトではあまり見られない「オークション方式」での求人をおこなっているサイトです。既存の求人サイトでは、企業から多数のメールマガジンやスカウトメールなどが来ることで、戸惑う求職者もいるでしょう。

しかし、オークション方式であれば、キャリアシートを公開することにより、企業が条件を提示(入札)、求職者が同意をすれば面接などに進めるというシステムです。この方式であれば、無作為のメールなどもなく、快適な転職活動ができるでしょう。

スカウト方式も可能

上記のオークション方式は、求職者自身が選ぶものです。オークション方式を選んでいない求職者に対しては、企業からスカウトメールを送付することも可能となっています。スカウトメールは複数の求職者に一括送信が可能で、通数制限はありません。オークション機能と併用すれば、よりフレキシブルな採用活動を行うことができるでしょう。

優れた操作性

キャリ奥の企業アカウントは、当日から利用が可能で、40万人以上の利用者を無料で検索することができます。また、採用条件にマッチする人材がいれば、管理画面とメールで知らせてくれますので、機会を逃さずに、タイムリーなアプローチが可能です。

本当にキャリオクがベストなのかはプロに聞こう!

キャリオクは、ほかの求人サイトにはない、オークション方式で人気のサイトです。若者層が多く利用しているので、その年齢層にアプローチしたい企業にとっては、おすすめのサイトと言えます。しかし、細かい点で、本当に自社の求人条件に合致しているかは、プロである広告代理店に聞いてみるのが得策です。他のサイトとの比較も含めて、広告代理店に相談してみましょう。

自社の採用課題に合った
求人広告代理店がわかる

       
中途採用の課題別
おすすめ
求人広告代理店まとめ

当サイト「Qジェネ」が掲載している求人広告代理店83社の中から、採用の3大課題である「応募はあるものの…理想の人材が来ない」「選ぶ以前の問題…応募がない」「入社後の課題…求人広告で採用した人材がすぐ辞める」、それぞれにリーチできる企業はどこなのか、分析・調査し、各1社を選定しました。

応募はあるものの...

欲しい人材が
集まらないなら…

リソースクリエイション

引用元:リソースクリエイション https://rc-group.co.jp

リソースクリエイション
  • 自社内に制作専門部隊を持つ
  • 18の媒体の中から効果的にリーチ
  • 自社の中途採用応募を20倍にしたSNS運用
取扱い媒体
  • マイナビ転職
  • doda
  • type
  • 女の転職
  • イーキャリア
  • Re就活
  • PROSEEK
  • バイトルNEXT
  • ジョブクル転職
  • 日経転職版

他全18媒体

                   

選ぶ以前の問題

応募がない企業は...

インターギアソリューション

引用元:インターギアソリューション https://www.ig-s.co.jp/

インターギア
ソリューション
  • 1083社を掲載する出稿量に裏付けされた経験値
  • ユニークな事例で隠れたニーズにアプローチ
  • 媒体への貢献度に比例した価格設定
取扱い媒体
  • マイナビ転職
  • doda
  • type
  • リクナビNEXT
  • イーキャリア
  • Re就活

全6媒体

入社後の課題...

求人広告で採用した
人材がすぐ辞める...

ネオキャリア

引用元:ネオキャリア https://www.neo-career.co.jp/

ネオキャリア
  • 選考時に使える適正ツール
  • 過去10,000社以上の実績
  • 研修やツールなどの100を超えるサービス展開
取扱い媒体
  • マイナビ転職
  • エン転職
  • LINEキャリア
  • type(タイプ)
  • 女の転職
  • doda(デューダ)
  • Re就活
  • 転職ナビ
  • CareerCross(キャリアクロス)

全8媒体

課題1である「応募はあるものの理想の人材が来ない」に対しては、① 自社の強みを求職者にアピールできるクリエイティブ力、②理想の人材が見ている 求人媒体にリーチできる「取り扱い媒体数」、③理想の人材が求人広告だけでは 集まらないかもしれない時代に対し、ソーシャルリクルーティングの強さという観点で選出をしています。

課題2である「選ぶ以前の問題応募がない」に対しては、①多くの求人広告に埋もれないよう、その業界に対する知見や経験を持っているか、②今の求職者のニーズを突いた広告を展開できるか、③掲載する広告がそもそも見られていない可能性があるので、最上位企画の確保などに対し、特別価格の提示があるかどうかという観点で選出をしています。

課題3である「入社後の課題…求人広告で採用した人材がすぐ辞める」に対しては、①採用担当者の人の目だけで選ぶことは限界かもしれないと考え、AIによる適性ツールなどを扱っているか、②業界の実状とギャップがある広告になっている可能性を考え、業界を知り尽くす俯瞰の目を持っているか、③人が辞めていくという課題に対して、多様な課題にアプローチできる豊富な手段を持つかどうかという観点で選出をしています。

各選出の詳細については、こちらのページにも記載していますので、ご覧ください。