Wantedlyの広告代理店比較

目 次

引用元:公式HP
https://www.wantedly.com/

Wantedlyの特徴

ユニークな募集方法

Wantedlyの募集では、やりがいや仕事内容によって、人材を集めています。そのため、給与や待遇について記載することは禁止されています。

求人サイトでありながら、ビジネスソーシャルネットワークとしても成立している、とてもユニークなサイトです。そのため、特に若年層に人気で、23年1月時点、330万人の登録者数のうち、20代が43%を占めています。

このシステムにより、自社の魅力をアピールすることで、仕事を自己実現の場と捉える優秀な若手層へとリーチできる機会が増えていくでしょう。また、掲載はプランに関係なく無制限で、その点でも注目されています。

ストーリー機能で企業紹介できる

Wantedlyでは、募集だけではなく、ストーリー機能を使用して、企業の紹介も可能です。

普段の会社内の様子やスタッフの紹介など、広報ツールのように使用することができます。通常の求人サイトでは、求人に関することをまとめて掲載していますが、Wantedlyのストーリー機能によって、求職者は募集要項だけではない、企業の魅力や社員の声などを知ることができるのです。

応募ではなく、気軽なマッチング

通常の求人サイトでは、気になる企業があった場合、次の段階はすぐに応募エントリーとなります。しかし、求職者のなかには、「エントリーではなく、少し話を聞いてみたいだけ」と考える人も多くいます。そのようなニーズに応えるため、Wantedlyでは、「話を聞きに行きたい」というマッチング方法を採用しています。これにより、心理的なハードルを下げて、多くの応募者を誘導できます。

ダイレクトスカウト機能

Wantedlyでは、求職者からの応募というルートだけではなく、企業から求職者へ直接アプローチできる機能もあります。このダイレクトスカウト機能では、ユーザーを自由に検索して候補者に直接メッセージを送ることができるのです。

本当にWantedlyがベストなのかはプロに聞こう!

Wantedlyは、やりがいや仕事内容をメインに求職者へ訴求する、ユニークなシステムのサイトです。この斬新なシステムにより、20代を中心とした若年ユーザーが多く、学生も登録しているので、新卒の人材確保にも大きく寄与を磨ることでしょう。

また、ストーリー機能による企業の広報活動は、イメージアップにもつながることになります。

ただ、Wantedlyが他のサイトよりも必ずしも優れているとは限りません。さまざまな方向から自社の求人を考える必要があります。

そのためには、多くの求人サイトを知り尽くしている、求人広告の代理店に相談してみるのがおすすめです。

自社の採用課題に合った
求人広告代理店がわかる

       
中途採用の課題別
おすすめ
求人広告代理店まとめ

当サイト「Qジェネ」が掲載している求人広告代理店83社の中から、採用の3大課題である「応募はあるものの…理想の人材が来ない」「選ぶ以前の問題…応募がない」「入社後の課題…求人広告で採用した人材がすぐ辞める」、それぞれにリーチできる企業はどこなのか、分析・調査し、各1社を選定しました。

応募はあるものの...

欲しい人材が
集まらないなら…

リソースクリエイション

引用元:リソースクリエイション https://rc-group.co.jp

リソースクリエイション
  • 自社内に制作専門部隊を持つ
  • 18の媒体の中から効果的にリーチ
  • 自社の中途採用応募を20倍にしたSNS運用
取扱い媒体
  • マイナビ転職
  • doda
  • type
  • 女の転職
  • イーキャリア
  • Re就活
  • PROSEEK
  • バイトルNEXT
  • ジョブクル転職
  • 日経転職版

他全18媒体

                   

選ぶ以前の問題

応募がない企業は...

インターギアソリューション

引用元:インターギアソリューション https://www.ig-s.co.jp/

インターギア
ソリューション
  • 1083社を掲載する出稿量に裏付けされた経験値
  • ユニークな事例で隠れたニーズにアプローチ
  • 媒体への貢献度に比例した価格設定
取扱い媒体
  • マイナビ転職
  • doda
  • type
  • リクナビNEXT
  • イーキャリア
  • Re就活

全6媒体

入社後の課題...

求人広告で採用した
人材がすぐ辞める...

ネオキャリア

引用元:ネオキャリア https://www.neo-career.co.jp/

ネオキャリア
  • 選考時に使える適正ツール
  • 過去10,000社以上の実績
  • 研修やツールなどの100を超えるサービス展開
取扱い媒体
  • マイナビ転職
  • エン転職
  • LINEキャリア
  • type(タイプ)
  • 女の転職
  • doda(デューダ)
  • Re就活
  • 転職ナビ
  • CareerCross(キャリアクロス)

全8媒体

課題1である「応募はあるものの理想の人材が来ない」に対しては、① 自社の強みを求職者にアピールできるクリエイティブ力、②理想の人材が見ている 求人媒体にリーチできる「取り扱い媒体数」、③理想の人材が求人広告だけでは 集まらないかもしれない時代に対し、ソーシャルリクルーティングの強さという観点で選出をしています。

課題2である「選ぶ以前の問題応募がない」に対しては、①多くの求人広告に埋もれないよう、その業界に対する知見や経験を持っているか、②今の求職者のニーズを突いた広告を展開できるか、③掲載する広告がそもそも見られていない可能性があるので、最上位企画の確保などに対し、特別価格の提示があるかどうかという観点で選出をしています。

課題3である「入社後の課題…求人広告で採用した人材がすぐ辞める」に対しては、①採用担当者の人の目だけで選ぶことは限界かもしれないと考え、AIによる適性ツールなどを扱っているか、②業界の実状とギャップがある広告になっている可能性を考え、業界を知り尽くす俯瞰の目を持っているか、③人が辞めていくという課題に対して、多様な課題にアプローチできる豊富な手段を持つかどうかという観点で選出をしています。

各選出の詳細については、こちらのページにも記載していますので、ご覧ください。