83社を徹底調査!求人広告代理店を探すなら【Qジェネ】 » 求人広告代理店を使う前に知っておきたい基礎知識

求人広告代理店を使う前に知っておきたい基礎知識

ここでは、求人広告代理店のメリット・デメリット、直販(メーカー)との違い、求人広告代理店の選び方などを解説しています。「求人広告代理店とは?」という疑問にもわかりやすく答えているので、求人広告代理店への依頼を検討している方は、ぜひ参考にしてください。

求人広告代理店とは?

企業などが求人広告を掲載したいと考えたとき、主に2種類の方法があります。
「求人広告代理店に依頼」する方法と、「直販(メーカー)に依頼」する方法です。
まず「直販(メーカー)」というのは、一般的に、求人メディアを運営する企業のことを言います。そして「求人広告代理店」とは、この直販に代わって、求人メディアなどを販売するところです。
多くの場合、「求人広告代理店」というと、色々な求人メディアを扱っているいわば“総合広告代理店”を意味します。しかし、ある特定の企業が運営する求人メディアのみを専属で扱う、専属広告代理店もあります。
求人広告代理店に依頼することのメリット・デメリットや選び方のコツ、直販(メーカー)とのよりくわしい違いなどは、以下で解説しています。

求人広告代理店のメリット・デメリット

企業の求人広告を「求人広告代理店」に依頼することのメリット、デメリットをまとめています。
直販と求人広告代理店のそれぞれにメリット・デメリットがあるので、求人広告代理店を選ぶことでどんな利点があるのかをよく理解し、より自社にとってメリットの多い方を選びましょう。
求人広告代理店のデメリットについてもきちんと解説しています。

求人広告代理店のメリット・デメリット

求人広告代理店と直販の違い

冒頭で説明したように、求人広告の掲載方法は、「直販」(求人メディアの運営元)か、「求人広告代理店」(直販に代わり求人メディアなどを販売しているところ)で選ぶのが一般的です。
こちらのページでは、これら「求人広告代理店」と「直販」の違いについて、よりくわしく解説しています。
直販と求人広告代理店のどちらが良いのか迷っている方に、参考にしていただけます。

求人広告代理店と直販の違い

求人広告代理店の選び方

たくさんある求人広告代理店から、納得のできる代理店を選ぶには、「自社の課題に合わせて選ぶこと」が最も重要です。
この重要ポイントを含めた、4つの“選び方のポイント”をまとめました。それぞれについて、なぜ選ぶ際に重要となるのかを、わかりやすく解説しています。

求人広告代理店の選び方

求人募集の失敗事例と対策

求人募集を行ったとしても、その結果が狙ったとおりになるとは限りません。場合によっては早期退職や、選考途中での辞退に繋がることがあります。そうしたミスマッチを防ぐためには、求める人材を明確にし、入社後のフォローを行うなどの対策が求められます。

求人募集の失敗事例と対策

求人募集で応募が来ない理由と解決策

求人広告を打ったのに応募が1件も来ない…。このような事態も中にはあります。応募が来ない理由はさまざまですが、原因を突き止めて対策を練ることが大切です。また、求人を出す媒体もしっかり選び、ターゲット層にアプローチできるようにしましょう。

求人募集で応募が来ない理由と解決策

       
中途採用の課題別
おすすめ
求人広告代理店まとめ

当サイト「Qジェネ」が掲載している求人広告代理店83社の中から、採用の3大課題である「応募はあるものの…理想の人材が来ない」「選ぶ以前の問題…応募がない」「入社後の課題…求人広告で採用した人材がすぐ辞める」、それぞれにリーチできる企業はどこなのか、分析・調査し、各1社を選定しました。

応募はあるものの...

欲しい人材が
集まらないなら…

リソースクリエイション

引用元:リソースクリエイション https://rc-group.co.jp

リソースクリエイション
  • 自社内に制作専門部隊を持つ
  • 18の媒体の中から効果的にリーチ
  • 自社の中途採用応募を20倍にしたSNS運用
取扱い媒体
  • マイナビ転職
  • doda
  • type
  • 女の転職
  • イーキャリア
  • Re就活
  • PROSEEK
  • バイトルNEXT
  • ジョブクル転職
  • 日経転職版

他全18媒体

                   

選ぶ以前の問題

応募がない企業は...

インターギアソリューション

引用元:インターギアソリューション https://www.ig-s.co.jp/

インターギア
ソリューション
  • 1083社を掲載する出稿量に裏付けされた経験値
  • ユニークな事例で隠れたニーズにアプローチ
  • 媒体への貢献度に比例した価格設定
取扱い媒体
  • マイナビ転職
  • doda
  • type
  • リクナビNEXT
  • イーキャリア
  • Re就活

全6媒体

入社後の課題...

求人広告で採用した
人材がすぐ辞める...

ネオキャリア

引用元:ネオキャリア https://www.neo-career.co.jp/

ネオキャリア
  • 選考時に使える適正ツール
  • 過去10,000社以上の実績
  • 研修やツールなどの100を超えるサービス展開
取扱い媒体
  • マイナビ転職
  • エン転職
  • LINEキャリア
  • type(タイプ)
  • 女の転職
  • doda(デューダ)
  • Re就活
  • 転職ナビ
  • CareerCross(キャリアクロス)

全8媒体

課題1である「応募はあるものの理想の人材が来ない」に対しては、① 自社の強みを求職者にアピールできるクリエイティブ力、②理想の人材が見ている 求人媒体にリーチできる「取り扱い媒体数」、③理想の人材が求人広告だけでは 集まらないかもしれない時代に対し、ソーシャルリクルーティングの強さという観点で選出をしています。

課題2である「選ぶ以前の問題応募がない」に対しては、①多くの求人広告に埋もれないよう、その業界に対する知見や経験を持っているか、②今の求職者のニーズを突いた広告を展開できるか、③掲載する広告がそもそも見られていない可能性があるので、最上位企画の確保などに対し、特別価格の提示があるかどうかという観点で選出をしています。

課題3である「入社後の課題…求人広告で採用した人材がすぐ辞める」に対しては、①採用担当者の人の目だけで選ぶことは限界かもしれないと考え、AIによる適性ツールなどを扱っているか、②業界の実状とギャップがある広告になっている可能性を考え、業界を知り尽くす俯瞰の目を持っているか、③人が辞めていくという課題に対して、多様な課題にアプローチできる豊富な手段を持つかどうかという観点で選出をしています。

各選出の詳細については、こちらのページにも記載していますので、ご覧ください。