媒体別代理店ガイド

ここでは、リクナビNEXTやマイナビ転職などの求人媒体別に、それぞれの特徴や、扱っている求人広告代理店をご紹介。
また、媒体(採用チャネル)の選び方も解説しています。
主要な求人サイト6つを取り上げ、それぞれの特徴や金額表、求人広告代理店を調査しました。
以下に、各サイトの簡単な特徴をまとめたので、くわしくは詳細ページをご覧ください。

それぞれの媒体の特徴

リクナビNEXT

とくに高い知名度を持ち、多くの会員数を誇る求人媒体です。
「とにかくたくさんの人に見てもらいたい!」という場合にぴったりです。幅広い規模の企業に対応しているのも嬉しいポイントのひとつと言えます。

リクナビNEXTの求人広告代理店を比較する

マイナビ転職

たくさんの掲載数を誇る大手求人サイトです。35歳以下のユーザーを多く抱えていて、“若手に強い”と言われています。
また、Iターン、Uターンといった地方採用に強いのも大きな特徴のひとつです。

マイナビ転職の求人広告代理店を比較する

doda

即戦力になる人材や、エンジニアに強い求人サイト。エンジニア、営業、金融、メディカル、グローバルといった業種・職種特化型の専門求人サイトも運営しています。
経験者採用を考える企業にぴったりと言えるでしょう。

dodaの求人広告代理店を比較する

イーキャリア

イーキャリアの一番の特徴は、ユーザーが会員登録をしなくとも応募できること。また、クリエイター分野を得意としており、とくにゲーム業界には力を入れています。
クリエイティブ系の人材が欲しい企業におすすめです。

イーキャリアの求人広告代理店を比較する

type

エンジニア向けの求人掲載数が豊富。エンジニアに向けたプロモーションにも力を入れているため、エンジニアの採用を考えている企業におすすめです。
1職種あたりの料金がリーズナブルなのもうれしいポイント!

typeの求人広告代理店を比較する

女の転職type

女性向けの求人サイトである、女の転職type。
「正社員や契約社員として長く働きたい」「一生涯働きたい」といったキャリア志向の高い女性が多く登録しているのも特徴です。
長くバリバリ働きたいという考えの女性を求める企業におすすめ。

女の転職typeの求人広告代理店を比較する

RE就活

コンセプトは「新卒以上キャリア未満」。20代の若手人材に特化した求人サイトです。
そのため、伸びしろの大きい、若手の求職者に出会いたい企業にぴったりと言えます。
面接ドタキャン防止機能も注目のポイント。

RE就活の求人広告代理店を比較する

媒体(採用チャネル)の選び方

以下に、主な媒体の種類をまとめました。
それぞれの特徴を知り、自社に適切な媒体を選びましょう。

Webの求人サイト

リクナビNEXT、マイナビ転職など、Web上の求人サイトです。近年、多く利用されている求人媒体であり、選択肢も豊富です。

紙媒体の求人広告

新聞折り込みチラシや、求人フリーペーパーなどです。
特定エリアの新聞購読世帯に配布される新聞折り込みチラシは、主婦やシニア層の求人に向いているでしょう。
一方、エリアを区切って駅構内やコンビニなどに置かれる求人フリーペーパーは、地域密着型の採用に適していると言えます。

Indeed(インディード)

求人専門の検索エンジンであり、ユーザーは、Googleと同じような検索方法で、入力したキーワードに合致する求人情報を簡単に得られます。
求人サイトと違って会員登録やログインの必要がなく、ユーザーが手軽に使えるのが強みです。
掲載料は基本的にかかりませんが、より露出度を高めるための有料掲載もできます。

自社サイト

自社で、採用の特設ページや採用専門サイトを設ける方法です。
求職者の多くが応募する企業のホームページや採用サイトをチェックするため、有効な求人方法と言えます。
定型のフォーマットにしばられず自由に自社をアピールできるのも、大きなメリットのひとつです。

人材紹介

人材紹介会社から、条件にマッチする人材を紹介してもらうやり方です。
求職者の経験や適性を精査したうえで採用条件に合致する人材のみを紹介してもらえるので、よりマッチ度の高い人材とだけムダなく面接を行えます。
なお人材紹介では、採用決定時に手数料が生じる「成功報酬型」が一般的です。

合同説明会・転職イベント

多くの求職者が集まるイベント会場に、参加企業としてブースを設けて、来場求職者に自社をアピールするやり方です。
イベントは、数十人ほどのこじんまりとしたものから、1,000人を超えるような大規模のものまでさまざまです。
費用は、そのイベントの規模や開催エリア、ブースの大小によって違ってきますが、おおよそ30~100万円ほどが目安となるでしょう。

※参照元:onegroup(https://one-group.jp/humanresource/ad/recruiting_channel.html)

ハローワーク

公共職業安定所、いわゆるハローワークは、厚生労働省による職業紹介サービスです。
求職者も企業側も、無料で利用することができます。
ただ、こうした特徴から、ハローワークはスキルの高い人材や即戦力となる人材の採用にはあまり向いていないと言えるでしょう。

ソーシャルリクルーティング

TwitterやFacebookといったSNSを活用するやり方です。
SNSは多くの20代が利用しているツールであるため、若年層へ効果的にアプローチするには欠かせないものとなりつつあり、多くの企業に注目されています。
求職者の投稿にコメントをしたり、「いいね」を押したりと、気軽なやり取りを行えるのも特徴であり、求職者からの好感度向上にもつながるでしょう。

まとめ

ここまで紹介したように、求人媒体には実にさまざまなものがあります。
効率的な採用活動のために複数の媒体を併用することも多いと思いますが、やはり、欠かせないのは一番見ている人が多いwebでの求人です。
また、今後若年層の人材を確保していくには、最後に挙げたSNSも避けて通れないでしょう。
これら2つをしっかりと押さえつつ、自社に合った媒体で有効的な採用活動を行いましょう。

       
中途採用の課題別
おすすめ
求人広告代理店まとめ

当サイト「Qジェネ」が掲載している求人広告代理店83社の中から、採用の3大課題である「応募はあるものの…理想の人材が来ない」「選ぶ以前の問題…応募がない」「入社後の課題…求人広告で採用した人材がすぐ辞める」、それぞれにリーチできる企業はどこなのか、分析・調査し、各1社を選定しました。

応募はあるものの...

欲しい人材が
集まらないなら…

リソースクリエイション

引用元:リソースクリエイション https://rc-group.co.jp

リソースクリエイション
  • 自社内に制作専門部隊を持つ
  • 18の媒体の中から効果的にリーチ
  • 自社の中途採用応募を20倍にしたSNS運用
取扱い媒体
  • マイナビ転職
  • doda
  • type
  • 女の転職
  • イーキャリア
  • Re就活
  • PROSEEK
  • バイトルNEXT
  • ジョブクル転職
  • 日経転職版

他全18媒体

                   

選ぶ以前の問題

応募がない企業は...

インターギアソリューション

引用元:インターギアソリューション https://www.ig-s.co.jp/

インターギア
ソリューション
  • 1083社を掲載する出稿量に裏付けされた経験値
  • ユニークな事例で隠れたニーズにアプローチ
  • 媒体への貢献度に比例した価格設定
取扱い媒体
  • マイナビ転職
  • doda
  • type
  • リクナビNEXT
  • イーキャリア
  • Re就活

全6媒体

入社後の課題...

求人広告で採用した
人材がすぐ辞める...

ネオキャリア

引用元:ネオキャリア https://www.neo-career.co.jp/

ネオキャリア
  • 選考時に使える適正ツール
  • 過去10,000社以上の実績
  • 研修やツールなどの100を超えるサービス展開
取扱い媒体
  • マイナビ転職
  • エン転職
  • LINEキャリア
  • type(タイプ)
  • 女の転職
  • doda(デューダ)
  • Re就活
  • 転職ナビ
  • CareerCross(キャリアクロス)

全8媒体

課題1である「応募はあるものの理想の人材が来ない」に対しては、① 自社の強みを求職者にアピールできるクリエイティブ力、②理想の人材が見ている 求人媒体にリーチできる「取り扱い媒体数」、③理想の人材が求人広告だけでは 集まらないかもしれない時代に対し、ソーシャルリクルーティングの強さという観点で選出をしています。

課題2である「選ぶ以前の問題応募がない」に対しては、①多くの求人広告に埋もれないよう、その業界に対する知見や経験を持っているか、②今の求職者のニーズを突いた広告を展開できるか、③掲載する広告がそもそも見られていない可能性があるので、最上位企画の確保などに対し、特別価格の提示があるかどうかという観点で選出をしています。

課題3である「入社後の課題…求人広告で採用した人材がすぐ辞める」に対しては、①採用担当者の人の目だけで選ぶことは限界かもしれないと考え、AIによる適性ツールなどを扱っているか、②業界の実状とギャップがある広告になっている可能性を考え、業界を知り尽くす俯瞰の目を持っているか、③人が辞めていくという課題に対して、多様な課題にアプローチできる豊富な手段を持つかどうかという観点で選出をしています。

各選出の詳細については、こちらのページにも記載していますので、ご覧ください。